トワイライト〜初恋〜のあらすじ

トワイライト〜初恋〜のあらすじ - 『ぼくのエリ 200歳の少女』はどんな映画?

『ぼくのエリ 200歳の少女』はどんな映画?
【Sponsored Links】

トワイライト〜初恋〜のあらすじ

『トワイライト〜初恋〜』で共演した主役の2人。
映画の中では恋人同士を演じていたが、実際にも競演がきっかけとなりカップルとなっている。

ベラは霧と雨が降り注ぐ町ワシントン州・フォークスへとやって来た。
幼なじみとも再会するも、町の雰囲気に何処か馴染めずにいた。

新しく学校に転校したベラは運命の出会いを果たす。
食堂で食事をしていると不思議な雰囲気を持つ集団と遭遇する。
彼らはカレン一家。
直接の血のつながりはないが、皆兄弟だと言う。

生物の授業でエドワードの隣に座る事になったベラ。
彼は噂になったカレン一家の1人だ。
しかし授業が終わるとエドワード逃げる様にして教室をあとにし、その後姿を見る事はなかった。

時同じくして、町に奇怪な事件が発生する。
ある雨の日、突然姿を現したエドワード。
ベラはエドワードの目の色が変わっている事を指摘するも、カラコンか蛍光灯の影響かと言って曖昧にする。
放課後。
ベラが駐車場で佇んでいると、1台の車が猛スピードで彼女の元に突っ込んできた。
逃げる事が出来ないベラ。
万事休すかと思ったその時、エドワードが彼女の前に現れ猛スピードで迫った車を素手で押しのけたのだ。
到底普通の人間では考えられない行動である。
ベラは病院へ行くも大事には至らなかった。
この事がきっかけとなり、ベラはエドワードの正体に疑問を持つ様になる。

ある日、ベラは友人達と一緒にショッピング。
しかしベラの目的は別にあり、1人本屋の方へ。
エドワードの正体がつかめるかもしれない本を購入するためである。
用事も済ませ落ち合う場所へと向かう途中、数人のチンピラ達に囲まれてしまう。
正に絶体絶命のその時、1台の車がやって来た。
エドワードだ。
エドワードはベラを車に乗せてその場をなんとか切り抜ける事が出来た。
そして再び町に奇怪な事件が発生する。
被害者はベラの父親・チャーリーの長年の友人ウェイロン。
悲しみに明け暮れるチャーリーは、娘に万が一のことがあってはと催涙スプレーを渡す。

ベラは手に入れた本がきっかけとなり、エドワードの正体に気づく。
彼はヴァンパイアだったのだ。
人間の生き血ではなく動物の血を吸って生活しているものの、エドワードはベラの血が欲しくてたまらず今は何とか抑えている状態。
しかしベラは全てを受け入れた。
2人は晴れて恋人同士となったのだった。