ストックホルムに行きたい

ストックホルムに行きたい - 『ぼくのエリ 200歳の少女』はどんな映画?

『ぼくのエリ 200歳の少女』はどんな映画?
【Sponsored Links】

ストックホルムに行きたい

ストックホルムに行きたい

『ぼくのエリ 200歳の彼女』が制作されたスウェーデン。
舞台はこちらのスウェーデンでもストックホルムでもありません。

ただ、こちらの映画に魅力を感じた方にはぜひお勧めしたい国であり都市であります。

スウェーデンに行く機会があるのならば、首都であるストックホルムは外せません。
まるで水上を漂うような街並みは美しく幻想的で、一度は目にしておく価値があります。

しかし、海外に行くということを考えると、それなりの知識を身につけておく必要があることでしょう。
スウェーデン、ストックホルムに行きたい場合はその地域のさまざまな分野について調べておくべきです。

■言語はスウェーデン語
ストックホルムはスウェーデンなのでスウェーデン語を人々は用いています。
それではスウェーデン語を知らなければ話せないのかと思いがちですが、無理に覚える必要はなく、英語でもけっこう通じます。

ただし、これから何度も行くことが考えられる場合はあいさつ程度でも覚えておくのがいいでしょう。
やはりスウェーデン語で会話ができたほうがコミュニケーションがスムーズになります。

現地の人は特に外国人に厳しいということもなく、何か困っていることがあれば多くの人が対応してくれます。

■地下鉄のデザインは必見!
地下鉄のデザインは必見!

交通は日本と同じように電車や地下鉄、バスなどに乗ることができます。
特にすごいのが地下鉄で、芸術的な趣きを持つデザインが特徴的です。
地下鉄がアーティスティックというのは日本の感覚からすれば珍しく、ストックホルム独特のよさがあります。

このデザインの歴史は古く、時代背景と大きく関連付けられているので、ストックホルムに訪れたときはぜひとも見ておきたいところです。
もっとも、地下鉄は普通に移動する際に使うことがあるだけに、そのつもりもなく見られる可能性があります。



■レストランは炭酸ありが主流?!
レストランは炭酸ありが主流?!

飲み水については大体日本と同じ感覚で水道水が飲めないということはありません。
ただし、硬水だったり、店で買えるものの中には炭酸タイプのものがあるなどの違いがあります。
硬水や炭酸が苦手な場合は、店で炭酸なしのものを選ぶのがいいでしょう。

また、レストランについても同様なので、炭酸なしを強調して水を注文する必要があります。
もっともこれらの違いを楽しむのもストックホルムに行ったときの醍醐味です。

色々と個性的な街であるストックホルム。
数々の映画を世に出している同国ですが、このような個性面も『ぼくのエリ 200歳の彼女』に影響を及ぼしているかもしれません。